logo

ソニー、AVアンプとプロジェクタをワイヤレス接続できる送受信ユニット

加納恵 (編集部)2013年11月01日 19時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは11月1日、プロジェクタとAVアンプをワイヤレスで接続できるワイヤレス送受信ユニット「IFU-WH1」を発表した。発売は12月5日。価格は3万3600円になる。

 IFU-WH1は、送信機をAVアンプ、受信機をプロジェクタにそれぞれHDMIケーブルで接続することで、AVアンプとプロジェクタの間をワイヤレス伝送できるシステム。非圧縮のWirelessHDを採用し、フルHD映像をケーブル接続時と遜色のない品質で伝送できる。

 これにより、長尺のHDMIケーブルの必要がなくなり、プロジェクタの設置自由度が増すとしている。送受信機ともにサイズは高さ32mm×幅86mm×奥行き約50mmで、重量約65g。ワイヤレス伝送時には60GHz帯を使用する。なお、4K解像度の映像信号伝送には対応していない。

  • 「IFU-WH1」

  • 接続イメージ

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集