起業家を表彰する「EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー」、日本代表候補が決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 起業家表彰制度「EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー・ジャパン(EY Entrepreneur Of The Year Japan)」を主催する新日本有限責任監査法人は10月28日、2013年度の日本代表候補の起業家33名を決定したと発表した。

 Entrepreneur Of The Year(EOY)は、新たな事業領域に挑戦する起業家の努力と功績を称える国際的な表彰制度。日本では、EOY Japanとして2001年より開催され、2013年で13年目を迎える。

 2013年度のEOY Japanは、4月から9月にかけて募集され、(1)創造性・革新性、(2)優位性・成長性、(3)国際性などの審査基準に基づき、書類選考が実施された。選考の結果、ナショナル・アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー部門から4名、アクセラレーティング部門から17名、チャレンジング・スピリット部門から12名の起業家が、日本代表候補に選ばれた。

 今後は、11月12日、19日および29日に審査委員による面談審査を行い、アクセラレーティング部門およびチャレンジング・スピリット部門のファイナリストなどを決定するとともに、世界大会である「EY World Entrepreneur Of The Year」に臨む日本代表の起業家1名を決定するとしている。

 2013年度のナショナル・アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー部門の候補者は以下の通り(50音順)。

  • 石川康晴氏:クロスカンパニー代表取締役社長。1994年創業、岡山県岡山市。アパレル製造小売業(SPA)として、レディスブランド「earth music & ecology」を中心に計9ブランド、国内外に670店舗以上(FC含む)を展開。積極的な出店や新業態開発に取り組んでいる。
  • 谷口義晴氏:日本セラミック代表取締役社長 兼 会長。1975年創業、鳥取県鳥取市。セラミックセンサ、フェライト、モジュール製品などの電子部品ならびにその関連製品の開発および製造販売を行っている。
  • 藤尾益雄氏:神明代表取締役社長。1950年創業、兵庫県神戸市。米・砂糖・雑穀・小麦粉・その他食料品の卸売ならびに加工に関連する事業を展開する。米を通じて日本の水田文化を守り、おいしさと幸せを創造して、人々の明るい食生活に貢献することを目指している。
  • 水野泰三氏:アルペン代表取締役社長。1972年創業、愛知県名古屋市。国内スポーツ小売業界において売上高28年連続ナンバーワン。アルペン、ゴルフ5、スポーツデポの3業態で全国385店舗(2013年9月末現在)を展開。スポーツ用品の自社開発を強みとし、PB商品の売上高比率は約3割を占める。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加