logo

MS、「Windows Azure HDInsight」を一般公開

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2013年10月29日 12時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftのクラウドベースの「Hadoop」ディストリビューション(ここ1年間以上、Hortonworksが開発を担当している)が米国時間10月28日、一般に公開された。

 さらにMicrosoftは、Hortonworksと連携して開発しているHadoop on Windows Serverを利用したい顧客に対し、「Hortonworks Data Platform(HDP)for Windows」を選択することを推奨している。

 「Windows Azure HDInsight」は「『Apache Hadoop』と完全な互換性」があり、HDP上に構築される。HDInsightはApache Hadoopと完全な互換性があるだけでなく、「Excel」や「SQL Server」「PowerBI」など、Microsoft自身のビジネスインテリジェンス(BI)ツール群とも統合されている。

 MicrosoftのSQL Server担当ゼネラルマネージャーであるEron Kelly氏は、「どうすれば10億人の人々にビッグデータをもたらすことができるのか、ということをわれわれは想像している。誰もがデータとインサイトにアクセスできるようにすることを当社は目指している」と述べた。

 Hadoopビッグデータフレームワークをクラウド上で利用可能にして、ユーザーが必要に応じてHadoopクラスタをスピンアップおよびスピンダウンできるようにすることは、Microsoftがその目標の実現を試みる1つの方法だ、とKelly氏は述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集