logo

KDDIが「iPad」の下取りサービスを提供へ--田中社長が明かす

藤井涼 (編集部)2013年10月28日 16時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDI代表取締役社長の田中孝司氏は、10月28に開催された2014年3月期第2四半期の決算会見で、Wi-Fiモデルも含めたiPadの下取りサービスを予定していることを明らかにした。なお、提供時期や下取り価格については語られなかった。

 同社は、6月からauポイントに還元するiPhoneの下取りプログラムを提供している。下取り価格は、たとえばiPhone 5では64Gバイトモデルが2万8000円相当、32Gバイトモデルが2万6000円相当、16Gバイトモデルが2万4000円相当、iPhone 4Sでは64Gバイトモデルが1万9000円相当、32Gバイトモデルが1万7000円相当、16Gバイトモデルが1万5000円相当となる。

 KDDIは11月1日に「iPad Air Wi-Fi+Cellular」を、11月下旬に「iPad mini Retinaディスプレイモデル」を発売する予定だ。


KDDI代表取締役社長の田中孝司氏

-PR-企画特集