アマゾン、本の完成前に最新エピソードを自動配信する「Kindle連載」--林真理子ら

坂本純子 (編集部)2013年10月25日 19時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazon.co.jpを運営するアマゾン ジャパンは10月25日、新たなKindle配信サービス「Kindle連載」を開始したと発表した。一度タイトルを購入すると、その後一冊の本として完結するまで全てのエピソードが手持ちのKindle端末や無料アプリに配信されるというものだ。

Kindle連載
Kindle連載

 1冊の本として仕上がる前に最新のエピソードを読めるメリットがある。一度登録すれば、新しいエピソードが出るたびに現在読んでいる場所やハイライト、メモした内容を維持したまま、直近のエピソードの後に自動的に追加される。

 Amazon.co.jpのウェブサイトでは、吉川英治氏の「宮本武蔵」(無料)や、林真理子さんの「美女入門パート12」(1200円)、藤井太洋氏の「UNDERGROUND MARKET ヒステリアン・ケース」(200円)など18作品が公開されている。連載が終わるとKindle連載コーナーからは外れ、一般の棚に移るという。今後も20作品前後を常時そろえていくとした。

 なお、基本的には配信時に最後までストーリーが完成しているものを配信するものではないため、何らかの理由で連載が止まってしまうということも起こり得る。アマゾン ジャパン Kindleコンテンツ事業部 事業部長の友田雄介氏は、「連載が中止となった場合には、買っていただいたお客様に返金する。完成形を買っていただいているという認識」と説明する。

 また、アマゾン側では校正や編集など出版社側が行う作業は行わない。出版社を通さなけば連載ができないという決まりはないが、現在のKndle連載枠は20コンテンツ程度としているため、「そこである程度しぼられる」(友田氏)とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加