超高精細、立体、フレキシブルディスプレイの最新モデルが一堂に--FPD International 2013 - 2/14

 4Kディスプレイが主流となりつつある中、フィリップスブースでは、シャープとのコラボレーションによる8Kの裸眼3Dディスプレイを展示。サイズは85インチ。シャープ製液晶ディスプレイにフィリップス製のレンチキュラーレンズを搭載したもので、一般公開されるのは今回が初めて。

 フィリップスブースではこのほか、50インチの4K裸眼3Dテレビ、11.6インチのHD裸眼3Dタブレットなどが展示されていた。
Scroll Right Scroll Left

 4Kディスプレイが主流となりつつある中、フィリップスブースでは、シャープとのコラボレーションによる8Kの裸眼3Dディスプレイを展示。サイズは85インチ。シャープ製液晶ディスプレイにフィリップス製のレンチキュラーレンズを搭載したもので、一般公開されるのは今回が初めて。

 フィリップスブースではこのほか、50インチの4K裸眼3Dテレビ、11.6インチのHD裸眼3Dタブレットなどが展示されていた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]