アップル、「OS X Mavericks」を無料で提供開始

Donna Tam (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年10月23日 07時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Mac」ユーザーはAppleの最新Mac OSである「OS X Mavericks」を無料で入手することができる。Appleが米国時間10月22日、サンフランシスコで開かれたイベントで発表した。

 「iOS」と「OS X」を統括するCraig Federighi氏は、「われわれは今日、価格体系に革命を起こす」と述べた。同ソフトウェアは22日に提供開始された。

 Appleは2013年6月の「Worldwide Developers Conference(WWDC)」で、同OSを発表した。同社は、「Safari」「Maps」「iBooks」の新機能を披露しながら、その向上したバッテリ持続時間やタブ、タグを特長として挙げていた。

 Federighi氏は22日のイベントで、それらの新機能を再度紹介した。同氏によると、Mavericksを搭載する13インチの「MacBook Air」のバッテリ持続時間は、ウェブ閲覧で最大1時間、「iTunes」動画再生で最大1.5時間長くなるという。

 同氏は、同OSがタスクによってメモリを調整する方法についても説明した。これによって、グラフィックスを多用するプログラムの実行時には最適な質を、それ以外の時には高速性を実現する。また同氏は、写真や動画が教科書から飛び出すiBooksアプリや、オンライン購入の決済情報を同期する「iCloud Keychain」も取り上げた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加