画面に触れず手や指の動きで操作できるモデルも--日本HP、個人向けPC

エースラッシュ2013年10月21日 21時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本HPは、3200×1800ドット表示が可能な14インチタッチ対応液晶搭載のスリムノートPC「HP ENVY14 TouchSmart Sleekbook」など、個人向けPCの新製品を順次販売開始すると発表した。

「ENVY17 Leap Motion SE」
「ENVY17 Leap Motion SE」

 注目したいのは、画面に触れず手や指の動きでデスクトップやブラウジングの操作ができる「Leap Motion」コントローラを搭載した17.3インチノートPC「ENVY17 Leap Motion SE」だ。

 ENVY17 Leap Motion SEはモーションコントロールデバイスを開発するLeap Motionとの協業によるもので、4月にHPとパートナー契約を発表している。単体の外付けデバイスとしては7月に発売されているが、PC本体に内蔵したものとしてはこれが世界初。2つの赤外線3Dカメラで映像を捉えて形状、動き、位置を認識する。ただし、アプリケーション側もLeap Motionに対応している必要があり、徐々に広がっているという。

「HP ENVY 14-k000 TouchSmart Sleekbook」
「HP ENVY 14-k000 TouchSmart Sleekbook」

 このほかに、3200×1800ドットの超高解像度を実現した14インチタッチ対応ホームモバイルPC「ENVY14 TouchSmart Sleekbook」のほか、17.3インチワイドのハイエンドモデル「HP ENVY17」、15.6インチのスタンダードモデル「HP Pavilion15」、エントリーモデル「HP 2000」をラインアップする。

 価格および販売開始日は、「HP ENVY 17-j100/CT Leap Motion SE」(直販モデル)が13万9860円~で11月中旬、「HP ENVY 14-k000 TouchSmart Sleekbook」(量販店モデル)が14万円前後で10月下旬、「HP ENVY 17-j100/CT」(直販モデル)が9万4710円~で11月中旬、「HP Pavilion 15-e100」(量販店モデル)が9万円前後で11月中旬、「HP 2000-2d00」(量販店モデル)が6万円前後で10月18日となっている。

ハイスペックゲーミングPCも登場

「ENVY Phoenix 810シリーズ」
「ENVY Phoenix 810シリーズ」

 デスクトップPCは、Windows 8.1搭載のハイスペックゲーミングPC「ENVY Phoenix 810シリーズ」が登場した。価格および販売開始日は、「HP ENVY Phoenix 810-190jp/CT」(直販モデル)が15万9810円~で11月中旬、「HP ENVY Phoenix 810-180jp/CT」(直販モデル)が14万9940円~で10月31日、「HP ENVY Phoenix 810-180jp」(量販店モデル)が19万円前後で11月中旬となっている。

 また、基本性能が向上したタワー型デスクトップPCも各種ラインアップした。「HP ENVY 700-260jp/CT」(直販モデル)が8万9880円~で10月31日、「HP Pavilion 500-140jp/CT」(直販モデル)が4万9980円~で10月25日、「HP Pavilion 500-100jp」(量販店モデル)が7.5万円前後~で10月18日だ。直販モデルでは、追加オプションとして「HP Z6500ワイヤレストラックパッド」が用意されており、こちらは5880円で10月25日より販売が開始される。

 そのほか、今回はデスクトップPC向け液晶モニタのラインアップにIPS非光沢パネル採用モデル2機種を追加した。販売開始日は10月25日で、価格は「HP Pavilion 23bw 23インチ IPS 非光沢モニター」が2万9400円、「HP Pavilion 22bw 21.5インチ IPS 非光沢モニター」が2万5200円となっている。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加