logo

起動、EPG表示、ディスク読み込みの3つの“速い”を備えた新「AQUOSブルーレイ」

加納恵 (編集部)2013年10月16日 13時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは10月16日、BDレコーダー「AQUOSブルーレイ」にディスクの読み込みスピードをアップさせた新「スピードBDドライブ」を採用した新製品5機種「BD-T2500/T1500/W1500/W550/S550」を追加した。起動、EPG表示に続きディスク読み込み時間を短縮することで、ストレスのない使用を実現する。

 T2500/T1500はトリプルチューナ、W1500/W550はダブルチューナ、S550はシングルチューナを搭載。トリプルチューナ機のみ、指定した1チャンネルを最大8日分一時保管できる「1チャンネル自動録画」に対応する。

 全機種で刷新されたスピードBDドライブは、ディスクの回転加速スピードを向上させた「高トルクモーター」の採用と、ドライブとソフトウェアの最適化により、読み時間を短縮させたとのこと。ディスクによっても異なるが、従来機「BD-W1300」に比べ、W1500では約半分となる10秒程度でディスク読み込みが可能になった。

 いずれのモデルにも「高画質マスターエンジンBD」を搭載することで、ノイズを抑え、すっきりした映像記録を実現。長時間モードを使用しても高画質保存ができるほか、番組連動データ、2カ国語音声、字幕といった情報もまるごと記録ができる。

  • 「BD-T2500」

  • 「BD-T1500/W1500」

  • 「BD-W550/S550」

 T2500/T1500/W1500には無線LAN、W550/S550にはLAN端子を備え、ネットワーク機能も装備。スマートフォンやタブレットに録画番組を転送して視聴できる「Wi-Fi転送&ダビング」は、「AQUOS PHONE」のみだった対応機種を他社製Android端末や、iPhone/iPadにまで拡充した。また、専用アプリ「AQUOSリモート」によるリモート予約、「IPコントロール」によるボイスリモコンなど、スマートフォンからのコントロールも可能だ。

 新機能として、今まで使用していたAQUOSブルーレイからLAN接続で新しいAQUOSブルーレイへ、録りためた番組をダビングできる「買換えお引っ越しダビング」機能を搭載する。

 トリプルチューナ機のT2500/T1500のみ、カセット式のHDDを出し入れできる「SHDD(スロットインハードディスク)」に対応。BDドライブを防振ドライブメカにしたほか、アース付き3極電源、音響用電源回路コンデンサ、アンチバイブレーションキャビネットなど、ハイエンド機ならではの厳選パーツを採用した。

 画質モードでは、4Kテレビの登場にあわせ「4K純モード」を新たに搭載。接続されている液晶テレビ「AQUOS」の種類をレコーダー側が検知し、最適な状態で出力できるとしている。

  • BD-T2500(2Tバイト、店頭想定価格:12万円前後)
  • BD-T1500(1Tバイト、店頭想定価格:10万5000円前後)
  • BD-W1500(1Tバイト、店頭想定価格:8万円前後)
  • BD-W550(500Gバイト、店頭想定価格:7万5000円前後)
  • BD-S550(500Gバイト、店頭想定価格:6万円前後)
  • トリプルチューナ機には高画質、高音質パーツを採用

  • トリプルチューナ機のみSHDDスロットを備える

  • SHDDは500Gバイトと1Tバイトモデルを用意

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集