logo

デノン、テレビを上に置くベースタイプのスピーカ「DHT-T100」

加納恵 (編集部)2013年10月11日 19時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディーアンドエムホールディングスは10月11日、デノンブランドのテレビ用スピーカ「DHT-T100」を発表した。テレビの下に設置できるベースタイプの一体型スピーカになる。発売は11月上旬。店頭想定価格は3万円前後になる。

  • 「DHT-T100」

 本体には14mmのトゥイータと51×127mmのオーバルウーファの2ウェイスピーカを内蔵。円形スピーカユニットよりも大きな振動板面積が得られるオーバルウーファと大容量キャビネットにより豊かな低音を再現するとしている。

 Bluetoothも備え、スマートフォンやタブレットと組み合わせてワイヤレスで音楽再生をすることも可能。オーディオコーデックはapt-Xに対応する。

 「ボイス」「ミュージック」「ミュージックワイド」「ムービー」「ムービーワイド」の5つのリスニングモードを搭載し、デジタル音声入力はリニアPCM 2ch、DolbyDigital 5.1ch、AAC 5.1chに対応。音量を抑えてもクリアで臨場感あるサウンドを再生する「ナイトモード」、リモコンの消音ボタンで切り替えられる「バイリンガルモード」も内蔵する。

 テレビとの接続は光デジタルケーブル、同軸デジタルケーブル、アナログ音声ケーブルを使用する。サイズは高さ71mm×幅608mm×奥行き355mmで、重量約4.3kg。最大50インチまでのテレビと組み合わせられる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集