logo

ヤフー宮坂社長「優れた企業のマネが間違いだった」--ECで大方針転換

藤井涼 (編集部)2013年10月07日 21時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーは10月7日、ショッピングサービス「Yahoo!ショッピング」とオークションサイト「ヤフオク!」のストア出店料(月額システム利用料)を、10月から無料にすると発表した。Yahoo!ショッピングについては、売上ロイヤルティも無料にするほか、2013年内に個人の出店も可能にする。

  • ヤフー代表取締役社長の宮坂学氏

 同日の記者説明会に出席したヤフー代表取締役社長の宮坂学氏は「かなり大きな方針転換になる。我々としてもこれまでやってきたビジネスモデルとは全く違う、地図のない世界に行くような興奮と若干の不安でいっぱいだが、必ずこのモデルは成功すると信じている」と意気込みを語った。

 これまで、Yahoo!ショッピングにストアを出店するには、初期費用が2万1000円、月額費用が2万5000円かかっており、売上ロイヤルティは1.7~6.0%となっていたが、10月請求分よりすべて無料にする。これにより、たとえば出荷できる時期が限られる農作物や水産物、期間限定のイベントグッズなども気軽に販売できるようになるとしている。

 また、ヤフオク!の出店料は月額1万8900円かかっていたが、同じく10月請求分より無料にする。ただし、売上ロイヤルティは従来と同様に5.0%かかる。出品の上限数は3000点までとなっていたが、制限をなくした。

 さらに、買い手が5000円以上の入札をするには月額399円の「Yahoo!プレミアム会員」などに登録する必要があったが、「Yahoo! JAPAN ID」を持っていれば、制限なく入札できるようにした。ただし、自動車や不動産など一部のカテゴリではYahoo!プレミアム会員登録が必要になる。

 出店料の無料化について宮坂氏は「何度かアイデアは出たが初めて検討したのは2012年の冬くらい。ただ、どうソロバンを弾いても瞬間的に減収する部分が非常に大きく、正直やや躊躇していた。やはりECはまだまだ諦めるには早い市場なので、一度しゃがんででも大きくジャンプできるようにしようということで思い切って変えた」と説明。従来のヤフーのEC事業については「先行している優れた企業のマネをして、一生懸命追いつこうとしていた。それが根本的な間違いだった」と厳しく評価した。

  • 同日のカンファレンスでEC事業の目標を掲げたヤフー取締役会長の孫正義氏

 気になる収益については、すでにYahoo!ショッピングとヤフオク!で提供している広告をさらに強化し、より露出を高めたい出店者からの広告出稿に期待する。今回の無料化による減収の規模については「四半期で2桁億くらい」(宮坂氏)と見ており、通期の業績予想については10月末の決算の場で説明するとした。今回の施策は楽天への対抗ではないかとの質問には「マーケット全体の拡大が狙い。どこかの会社から顧客をとるといったセコい話ではない」(ヤフー執行役員の小澤隆生氏)と否定した。

 出店料の無料化にあわせて、パトロール体制や補償制度も強化する。たとえば両サービスでの買い物において、郵送時の破損、受取り後の盗難・修理などを補償する制度を、Yahoo!プレミアム会員向けに追加料金なしで提供するとしている。

両サービスにおけるストア出店料などの変更内容 両サービスにおけるストア出店料などの変更内容
※クリックすると拡大画像が見られます

-PR-企画特集