logo

MSのバルマーCEOの賞与が減額に--「Windows 8」と「Surface RT」の不振で

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2013年10月04日 11時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの年次委任勧誘状によると、同社の最高経営責任者(CEO)Steve Ballmer氏は、Windows部門の過去1年間の業績が不振であったため、報酬を減額されたという。

 Ballmer氏は2013会計年度の報酬として69万7500ドルの基本給と、55万ドルの賞与を含め、126万ドルを受け取った。この賞与の額は「奨励給制度」に基づいてMicrosoftの取締役会により算出されたものであり、賞与目標の79%にとどまっている。なお同氏は、2012会計年度には賞与目標の91%を受け取っていた。

 2013年の委任勧誘状には、Ballmer氏の賞与減額の理由について以下のように記されている。

 「MicrosoftはコンシューマーPC市場の不振により困難な状況に直面した。『Windows 8』を2012年10月にリリースし、その販売ライセンス数は1億を超えたものの、PC市場の厳しさと、Windows 8および『Surface』タブレットの市場投入コストの高さが原因で、Windows部門の営業利益は18%減となった。また、『Surface RT』の販売ペースが予想外に遅かったことや、販売ペースの加速を期待した価格引き下げの決定により、9億ドルの在庫調整費用が発生した」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集