logo

パナソニック、防滴&タフ設計のBluetoothスピーカ--屋外でも聞き取りやすいブーストモードも

加納恵 (編集部)2013年09月26日 18時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「SC-NT10」

 パナソニックは9月26日、防滴、防塵、耐衝撃、耐温度に対応したBluetoothスピーカ「SC-NT10」を発表した。オールシーズン型のタフ設計で、アウトドアでの使用に最適だ。発売は10月18日。店頭想定価格は1万7000円前後になる。

 サイズは高さ53.8mm×幅120mm×奥行き120mmで、重量約330g。IPX4相当の防滴性能と衝撃に強いタフ設計を備える。充電池を内蔵し、約5時間の充電の最長約8時間の使用ができる。

 特定の周波数帯域のレベルを上げて音を聞きやすくする「ブーストモード」を搭載し、聴きたい音が聴こえにくい環境でも、聞き取りやすい迫力サウンドを実現。本体にはマイクも備え、ハンズフリー通話も可能だ。

 オーディオコーデックはSBCに対応。NFC対応のスマートフォンと組み合わせれば、ワンタッチ接続ができる。ボディカラーはオレンジとブルーの2色を用意する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集