「Surface Pro 2」の第一印象--「Haswell」搭載でバッテリ持続時間改善に期待 - (page 2)

Dan Ackerman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年09月30日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 119ドルのTouch Coverは初代のモデルと比べて約3分の1薄くなっているが、同時に安定感が増してタイプしやすくなった。各キーにセンサが1つだった従来のシステムは、複数のセンサが並んだシステムに変更されており、中途半端なキーストロークでもより簡単かつ正確に反応するようになっている。さらに、いくつかのジェスチャをサポートしている。新しいTouch Coverを実際に使ってみると、より速いタイピングが可能になった感じがした。特にすばやくタイプしたときの遅延が少なく、精度がアップしているのが分かる。

 独立型のキーをフル装備するキーボードを搭載した、129ドルのType Coverも薄型化されており、引き続きSurfaceで最も人気のある機能の1つとなっている。Microsoftはバッテリを内蔵する別の種類のType Coverも披露した。このキーボードカバーは、標準のType Coverよりもごくわずかに厚くなっているが、本体に内蔵のバッテリとキーボードに搭載されたもう1つのバッテリを組み合わせることで、システムがさらに長時間作動することを可能にしている。これは、いくつかのWindow 8搭載のノートPCとタブレットのハイブリッド端末で既に採用されているアイデアだ。

figure_3
提供:Sarah Tew/CNET

 59ドルのキーボードカバー用Bluetoothアダプタも現在開発されている(そう、アクセサリ用のアクセサリだ)。これをキーボードの上部に取り付ければ、Bluetoothキーボードとして、本体から離して使えるようになる。

 Touch CoverとType Coverの両方にバックライトが搭載された。特に、タブレットのように、頻繁に持ち運ぶことを想定したシステムでは、バックライト搭載のキーボードは実用的な面から必要とされる。薄暗いコーヒーショップや飛行機の中、会議室で使うことが多いからだ。

 唯一の大きな欠点は、スタート価格が899ドルのSurface Pro 2にキーボードカバーが付属しておらず、高価な拡張アクセサリのままだということだ。

 Surface Pro 2をビジネスユースにより適したものにするために、Microsoftはドッキングステーションも追加した。この199ドルのオプションは、Surface Pro 2の下に取り付けるもので、USB 2.0およびUSB 3.0ポート、イーサネットジャック、Mini DisplayPort、音声出入力ジャックを装備している。

進化的なアップデート

 公式発表に先だってSurface Pro 2を実際に使ってみたところでは、Microsoftの主力タブレットの本当の意味でのバージョン2.0というよりも、以前見たことがある製品の控えめな改良バージョンという印象を受けた。今、新しいWindows 8搭載端末の購入を検討している人は誰でも、バッテリ持続時間と電力効率の改善のためだけでも、6月から市場に出ているIntelの第4世代CPUを求めるはずだ。Surface Pro 2はそれを提供しているし、キックスタンドの角度が新たにもう1つ追加されたことによって、Surface Pro 2を膝の上に置いて使うことがより便利になった。

 大きな新機能やデザインの変更がないSurface Pro 2が市場リーダーとして存在感を放つには、依然としてアクセサリに頼るところが大きい。しかし、新しいスレートタイプの「Core i5」搭載タブレットの発売予定がほとんどないため(多くの競合モデルは、ほとんどの時間をクラムシェル型のノートPCモードで使用するハイブリッド端末だ)、MicrosoftのSurface Pro 2は、市場の狭い一角におけるトップの地位を何とか維持している。

 Surface 2とSurface Pro 2はいずれも、米国時間10月22日から発売の予定だ。Windows RTを搭載するSurface 2の価格は449ドルから。ただし、旧モデルのSurface RTも349ドルで引き続き提供される予定だ。Surface Pro 2の価格は(初代Surface Proと同様に)899ドルからだが、RAMを4Gバイトから8Gバイトへ、また内部ストレージを512GバイトのSSDへアップグレードできる。RAMを8Gバイト、ストレージを512Gバイトにフルアップグレードした場合の価格は1799ドルだ。

figure_4
提供:Sarah Tew/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]