logo

アップル、「iMac」を刷新--「Haswell」搭載で802.11ac Wi-Fiに対応

Jonathan Skillings (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年09月25日 07時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間9月24日、同社オールインワンデスクトップ製品ライン「iMac」の刷新を発表した。

 Appleによると、最新型iMacは24日から発売され、Intelの第4世代クアッドコアプロセッサ「Haswell」を搭載し、802.11ac Wi-Fiに対応しているという。また、Appleは、同iMacがより高速なPCIeフラッシュストレージをオプションでサポートすると述べている。

 同製品の価格と構成の詳細は次のようになっている。21.5インチiMacは、2.7GHzのIntel製クアッドコア「Core i5」(「Turbo Boost」により最大3.2GHzに高速化可能)とIntelの「Iris Pro」を搭載するモデルの場合、希望小売価格は1299ドル。2.9GHzのIntel製クアッドコアCore i5(Turbo Boostにより最大3.6GHzに高速化可能)とNVIDIA製「GeForce GT 750M」を搭載するモデルは、希望小売価格が1499ドルである。

 一方、27インチのiMacは、3.2GHzのIntel製クアッドコアCore i5(Turbo Boostにより最大3.6GHzに高速化可能)とNVIDIA製「GeForce GT 755M」を搭載するモデルの場合、希望小売価格は1799ドル。3.4GHzのIntel製クアッドコアCore i5(Turbo Boostにより最大3.8GHzに高速化可能)とNVIDIA製「GeForce GTX 775M」を搭載するモデルは、希望小売価格が1999ドルである。

 今回の刷新を発表するに際し、Appleが重点を置いたのは速度である。例えば、新型iMacは、802.11acベースステーションに接続した場合、無線性能が前世代よりも最大で3倍高速になり得るとAppleは述べた。

 最新型iMacには、8Gバイトのメモリと1テラバイトのハードドライブが標準で装備され、メモリは32Gバイト、ハードドライブは最大3テラバイトに拡張可能である。Appleによると、すべてフラッシュストレージにするオプションも提供されており、最大1テラバイトに構成することができるという。同デスクトップコンピュータには、2つの「Thunderbolt」ポートと4つのUSB 3.0ポートも装備されている。

 新型iMacには、Appleの「Mac OS X Mountain Lion」が搭載される。


提供:Apple

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集