キヤノン、LED採用で明るい、小さい、持ち運びやすいDLPプロジェクタ

加納恵 (編集部)2013年09月24日 15時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは9月24日、光源にLEDを使用したDLPプロジェクタ「LE-5W」を発表した。重量約1.6kgの小型軽量モデルで、持ち歩きも可能だ。発売は10月初旬。想定価格は6万円台前半になる。

 同社では、据置型を中心にビジネスプロジェクタを展開してきた。今回のLE-5Wは、持ち運びできるコンパクトサイズと約2万時間の長寿命を実現したLED光源を採用し、手軽に使用できることがポイント。高さ49.4mm×幅248mm×奥行き193mmのB5サイズで、かばんに収まりやすい、突起物の少ないスマートな外観となっている。

  • 「LE-5W」

  • レンズ部にはレンズカバーを装備

  • リアパネル

 電源オンから約4秒で起動するクイックスタートを採用し、垂直±40度の台形補正を搭載。投写距離は0.5~6.0mで、20~240インチまでの画面サイズに対応する。解像度はQXGA相当。明るさは500ルーメンながら最新の3LED技術により、プレゼン時など明るい部屋でも使いやすい明るさと高画質を確保。R(赤)、G(緑)、B(青)のLEDランプを搭載することで、色純度の高い、鮮明な映像が投写できる。

 本体には1.5Gバイトの内蔵メモリを備え、プレゼン資料や静止画などを取り込んでおくことが可能。加えてSDカードスロット、USB端子経由でもコンテンツの取り込みができる。このほかHDMI、アナログRGB、ビデオ入力端子も装備。PCからBDプレーヤーなどのAV機器まで、あらゆる機器との接続が可能だ。

 音声入出力端子も装備したほか、本体にはステレオスピーカを内蔵。これ1台でホームシアターとしても使用できる。天面はキズがつきにくい特殊なブロック仕上げ。本体カラーはブラックとホワイトの2色を用意する。

  • 底面には脚のほか、三脚穴を装備

  • カバーが付属する

  • カード型リモコン

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加