ユーザベース、経済ニュースに特化したキュレーションサービス「NewsPicks」

岩本有平 (編集部)2013年09月18日 11時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ユーザベースは9月18日、経済情報に特化したスマートフォン向けのニュースキュレーションサービス「NewsPicks」の提供を開始した。App Storeにて無料でアプリをダウンロードできる。iPhone、iPadともに利用可能だが、それぞれで異なるユーザーインターフェースを採用している。

  • iPad版の「NewsPicks」

 NewsPicksは、ユーザベースが許諾を得た国内外30以上のビジネス系メディアが提供する経済関連のニュースを集約して表示し、ユーザーの意見、コメントとともに共有できるサービス。ユーザーは、気になるニュースをメディアごと、「M&A」や「ベンチャー」といったテーマごとに閲覧したり、ほかのユーザーが共有した記事だけを閲覧したりできる。記事はNewsPick上だけでなく、FacebookやTwitterでの共有も可能。Facebookなどに共有した場合、NewsPickへのリンクも入るが、基本的にはピックアップした元のメディアの記事へのリンクが張られるという。

 サービスは現状誰でも無料で利用できるが、ユーザベースに所属するアナリストや、事業家、学術関係者、ジャーナリストなどにも参加を呼びかけている。そのため、例えばアナリストがピックアップした特定の業界のニュースと、そのコメントだけを閲覧するといったこともできる。

 ユーザベースは2009年に設立。これまでBtoB向けのビジネスデータベース「SPEEDA」を提供してきた。SPEEDAは国内外の企業の情報を530業界に分類。業界やそのプレーヤーとなる企業について、アナリストの分析や各種統計データなどをもとに調査できるサービス。現在金融機関や事業会社の経営企画部門などを中心に導入が進んでいるという。

 NewsPicksはそんな同社の初となるBtoC向けサービスとなる。現状は無料だが、10月をめどに有料サービスの提供も進めていく。「基本的にはユーザーからお金を頂いて成り立たせたい。永続的な関係を作るためにもコンテンツプロバイダーも我々もマネタイズをできる様な形を作りたい」(ユーザベース代表取締役共同経営者の梅田優祐氏)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加