logo

「Metro」版「Firefox」、一般公開は2014年1月か

Chris Duckett (TechRepublic) 翻訳校正: 編集部2013年09月17日 13時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Firefox」を「Windows 8」の「Metro」環境に移植するプロジェクトの進捗が遅れている。その結果、(PC用およびタブレット用OSとしての)2つの性格を備えたWindows 8をサポートする最後の主要ブラウザの登場は2014年にずれ込むことになった。

 Mozillaが先週開催した会議のメモに詳しく記されているとおり、Metro版Firefoxの一般公開が米国時間2014年1月21日に実施される見込みとなった。

 Mozillaは当初、初の一般公開を「Firefox 26」と同時に12月10日にリリースする予定であるとしていた。

 Metro版Firefoxは依然として、今週中にFirefoxの「Aurora」チャンネルにプレビュー版として登場するとみられる。

 Metro版FirefoxがAuroraからFirefoxのベータおよびリリースチャンネルへと速やかに移行するのかどうかについては、まだ分かっていない。

 このメモには、「少なくとも、テスターとフィードバックの数を大幅に増やす必要がある」と記されている。

 プロジェクトの進展に関する次の最新情報は、今週のFirefox計画会議に取り上げられるとみられ、18日に発表される予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集