ソニー、「Xperia Z1」を国内で初披露--ソニーの総合力を結集「言うは易し」

坂本純子 (編集部)2013年09月13日 22時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Xperia Z
Xperia Z

 ソニーモバイルコミュニケーションズは9月13日、9月4日にドイツ・ベルリンで発表したスマートフォン「Xperia Z1」を国内で披露した。国内でも発売予定だが、発売日などの詳細は今後通信事業者より発表予定としている。

Xperia Z1は、「One Sonyの総合力が入った商品」

ソニーモバイルコミュニケーションズ 代表取締役社長 兼 CEOの鈴木国正氏
ソニーモバイルコミュニケーションズ 代表取締役社長 兼 CEOの鈴木国正氏

 Xperia Z1は、ソニーの総合力を結集し、デジタルカメラやディスプレイなどの最先端技術を搭載したスマートフォンだ。Xperia Z1は、「一言でいうと、One Sonyの総合力が入った商品」と説明する。

柱となるのは、この3つ
柱となるのは、この3つ
Xperia Z1の5つのポイント
Xperia Z1の5つのポイント

 ソニー執行役員 EVPでソニーモバイルコミュニケーションズ 代表取締役社長 兼 CEOの鈴木国正氏は、Xperia Z1について、「“One Sony”という名のもとに、ソニー全体として持っている技術をXperiaに導入しようと長い年月をかけてここまできている。Best of Sonyという言葉も使う。これは(ソニーの)最高の技術を取り入れるということだが、言うは易しでなかなかそうはいかない。今回、どういう背景があったかを感じてほしい」と挨拶した。

 Xperiaには、(1)画質や音質、カメラ(デジタルイメージング)の技術を集結した「コアテクノロジ」、(2)自分たちでつくるアプリケーションならではのユーザーエクスペリエンスによる「サービス&アプリケーション」、(3)One Sonyの力を出せる総合力としての「エコシステム」──の3つが柱になっているという。

“秘伝のタレ”を使ったカメラ機能

F2.0の明るいGレンズ
F2.0の明るいGレンズ

 中でも、Xperia Zは「カメラからスマートフォンを再定義する」というコンセプトのもとに創られたもので、目玉となるのはカメラ機能だ。

 コンパクトカメラと同等サイズの1/2.3型、約2070万画素のイメージセンサExmor RS for mobile、高精細撮影を可能にする画像処理エンジン BIONZ for mobile、明るく広角撮影が可能なF2.0の明るいGレンズなど、ソニーがカメラ開発で培ってきた技術を搭載した。

ソニーモバイルコミュニケーションズ UX商品企画部統括部長 兼 クリエイティブディレクターの黒住吉郎氏
ソニーモバイルコミュニケーションズ UX商品企画部統括部長 兼 クリエイティブディレクターの黒住吉郎氏

 中でも“BIONZ”は、ソニー社内で「秘伝のタレ」と呼ばれている技術という。ソニーモバイルコミュニケーションズ UX商品企画部統括部長 兼 クリエイティブディレクターの黒住吉郎氏は、「秘伝のタレを継承するために、デジタルイメージング本部からいろいろな人に協力いただいた」と語り、協力体制があったからできたことを強調した。

 Xperia独自のアプリとして、新たに「Social live」「タイムシフト連写」「Info-eye」「ARエフェクト」を搭載する。複数のアプリを提供するのではなく、カメラ機能の中に集約し、使い勝手をよくしたことも特長のひとつだ。

 なお、レンズスタイルカメラとして「DSC-QX10/100」を発表している。Xperia Z1との棲み分けについて、「QXではよりすばらしい映像が撮れるという位置付けで考えている」(黒住氏)とした。

  • “秘伝のタレ”説明時のスライド

  • カメラには、4つのアプリケーションが集約されている

  • 「Info-eye」機能を使って撮影する

  • ワインの情報のみならず、周辺のワイナリーやワインに合う料理も同時に集約される

  • 「タイムシフト連写」を使えば、動きの早いものもベストな瞬間を捉えられる

  • 「DSC-QX10/100」とXperia Z1との組み合わせもアピール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加