logo

ソニー、レンズスタイルカメラ「QX100/QX10」の日本発売を決定--10月25日から

加納恵 (編集部)2013年09月12日 13時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スマートフォンとの装着例

 ソニーは9月12日、ドイツのベルリンで発表したレンズ型デジタルカメラ「サイバーショット DSC-QX100/QX10」を日本国内で発売すると発表した。10月25日から販売される。店頭想定価格はQX100が5万5000円前後、QX10が2万5000円前後。

  • 「DSC-QX100」

 QX100/QX10は、円筒形の本体にレンズ、Exmor R CMOSセンサ、メモリースティック/microSDカードスロット、バッテリを搭載した、新スタイルのデジタルカメラ。スマートフォンとWi-Fi接続することで、画像を確認し撮影ができる。

  • 「DSC-QX10」

 1.0型の大型裏面照射型CMOSを採用したQX100が、重量約179g、1/2.3型のExmor R CMOSセンサと光学10倍ズームを備えたQX10が、重量約105g(ともにバッテリ、メモリカード含む)になる。

 あわせて、ソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「Xperia Z」用のアタッチメントケース「SPA-ACX1」(価格:3255円)も同日から販売される。QX100/QX10は同梱のアタッチメントを使用し、各種スマートフォンに装着できるが、アタッチメントケースをつければ、レンズ交換のようにカメラを装着することが可能。非使用時はマウントカバーを閉じておくことができる。

-PR-企画特集