オンキヨー、部屋一面に広がる立体音場を再現するテレビ用スピーカ

加納恵 (編集部)2013年09月11日 15時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨーは9月11日、一体型のテレビ用スピーカを発表した。独自の「AuraSphere」(オーラ・スフィア)を備え、自然な音場を再現する。10月上旬から順次発売する。発表されたのはスピーカの上にテレビを設置するボックスタイプの「LS-T10」とバータイプの「LS-B50/B40」になる。

 AuraSphereは、DSP処理により立体的な音場を形成する独自技術。部屋一面に立体的なサウンドを再現でき、音楽、映画などどのコンテンツでもその効果が実感できるとしている。

  • 「LS-T10」

 T10は、オンキヨー初となるボックスタイプのテレビ用スピーカだ。口径7cmのフルレンジスピーカを6つ、口径12cmのサブウーファを1つ内蔵する。サブウーファは躍動感ある低音を再生できるよう底面に配置した。サイズは高さ105mm×幅700mm×奥行き350mmで、重量約8.7kg。耐荷重は35kgで、40V型以上の大画面テレビも設置可能だ。店頭想定価格は5万3000円前後。

  • 「LS-B50」

 B50/B40はは、バータイプのスピーカだ。バースピーカにはスピーカユニット8つ内蔵し、クリアで立体的なサウンドを再現。高さ96.3mm×幅909mm×奥行き95.5mmで、重量は3.9kg。40V型以上のテレビに最適としている。

  • 「LS-B40」

 上位機となるB50のみ2.4GHzによるワイヤレス接続ができるサブウーファを装備する。店頭想定価格は、B50が6万5000円前後、B40が4万3000円前後になる。

 3モデルすべてでBluetooth機能を備え、対応するスマートフォンやタブレットと組み合わせてワイヤレススピーカとしても使用が可能。本体にはMovie、Music、Newsと3つのサラウンドモードを内蔵する。入力端子は光デジタル1系統と同軸デジタル1系統、アナログ入力1系統を用意。音楽再生などに対応するUSB端子も備える。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加