logo

アップル、「iWork」「iMovie」「iPhoto」アプリを無料に--「iOS」搭載新製品で

Donna Tam (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2013年09月11日 10時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの最高経営責任者(CEO)であるTim Cook氏は米国時間9月10日、同社の生産性スイート「iWork」のモバイルアプリ版を新しいデバイス向けに無償提供すると発表した。

 Cook氏はカリフォルニア州クパチーノで開催したAppleの特別イベントで、iWorkアプリ(「Keynotes」「Pages」「Numbers」が含まれる)と、「iMovie」「iPhoto」を紹介。同社はこのイベントで2機種の新型「iPhone」も披露した。

 「1回のタッチで、これら5つのアプリが一気にすべてダウンロードされ、いくつかの追加アプリも入手できる」(Cook氏)

 これらのアプリは、新しい「iOS」デバイスでは無償となる。こうしたデバイスには、「iPad」、iPhone、第5世代の「iPod touch」が含まれる。Cook氏は、iWorkをAppleで最も売れているモバイル生産性スイートと呼び、これによって同社のモバイルデバイスは単にコンテンツを消費するだけでなく、「コンテンツを作り出すことにおいても優れた」ものになっていると述べた。

 「iWorkはユーザーの生産性を向上するための真の主力となり、iPhotoとiMovieは創造性の向上に大いに役立つだろう。このようなアプリを搭載するプラットフォームはほかにない。これらのアプリを搭載すれば、あらゆるiOSデバイスはさらに優れたものになるだろう」(Cook氏)


基調講演に登場したAppleのCEO、Tim Cook氏
提供:Josh Lowensohn

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集