logo

ミクの全てが楽しめるイベントで1万5000人動員--初音ミク「マジカルミライ 2013」 - 3/29

佐藤和也 (編集部)2013年09月04日 11時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 初音ミクを開発した、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長が会見に登場。

  伊藤氏はマジカルミライを、コンサートのみではなく複合型イベントとして開催した意図について「初音ミクは本来音楽のソフトウェアで、音楽やイラスト、動画など創作活動の文化が中心。コンサート自体は非常に盛り上がるものであるが、根底にある創作文化がなかなか伝えきれなかったと感じていた。特に若い方々に創作の文化を伝えていく場を、コンサートと一緒に提供すべきと考えていた」という。

   8月31日には英語版「初音ミク V3 ENGLISH」のダウンロード販売を開始、9月26日にはVOCALOID3を活用し、Macにも対応した「初音ミク V3」の発売を予定している。「海外のユーザーを増やすとともに、日本のクリエーターが海外に向けて発信できる有効なツールになると思う」と伊藤氏はコメントした。

 初音ミクを開発した、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長が会見に登場。

 伊藤氏はマジカルミライを、コンサートのみではなく複合型イベントとして開催した意図について「初音ミクは本来音楽のソフトウェアで、音楽やイラスト、動画など創作活動の文化が中心。コンサート自体は非常に盛り上がるものであるが、根底にある創作文化がなかなか伝えきれなかったと感じていた。特に若い方々に創作の文化を伝えていく場を、コンサートと一緒に提供すべきと考えていた」という。

  8月31日には英語版「初音ミク V3 ENGLISH」のダウンロード販売を開始、9月26日にはVOCALOID3を活用し、Macにも対応した「初音ミク V3」の発売を予定している。「海外のユーザーを増やすとともに、日本のクリエーターが海外に向けて発信できる有効なツールになると思う」と伊藤氏はコメントした。

(C) TOKYO MX
(C) Crypton Future Media, INC. www.piapro.net

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]