logo

ソニー、NFCとWi-Fi対応のミラーレス一眼「NEX-5T」--スマホ連携を強化

加納恵 (編集部)2013年08月27日 13時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「NEX-5T」。シルバー、ホワイト、ブラックの3色を用意

 ソニーは8月27日、ミラーレス一眼カメラ「NEX」シリーズに、Wi-Fi、NFC対応の「NEX-5T」を追加した。撮影画像をワンタッチでスマートフォンなどにシェアできる。発売は9月13日。

 ボディ単体の「NEX-5T」(店頭想定価格:6万円前後)、16~50mmのパワーズームレンズを同梱したパワーズームレンズキット「NEX-5TL」(同:7万5000円前後)、パワーズームレンズキットに55~210mmの望遠レンズを加えたダブルズームレンズキット「NEX-5TY」(同:10万円前後)をラインアップする。ボディカラーはブラック、シルバー、ホワイトの3色を用意するが、ボディ単体で販売されるのはブラックのみとなる。

  • 奥行き38.9mmのスリムボディを実現

 NEX-5Tは、2012年に発売された「NEX-5R」の後継機。有効1610万画素の「“Exmor” APS HD CMOSセンサー」の採用や重量218g(ボディのみ)などのコンパクトサイズはそのままに、Wi-Fi、NFCに対応することで、スマートフォンとの連携をより強化した。

  • 3.0型液晶モニタは上約180度、下約13度のチルト対応

 撮影した画像は再生画面の状態でスマートフォンとタッチするだけで、画像を転送。カメラ撮影待機画面の状態でスマートフォンとタッチすれば、スマートフォンをカメラのリモコンとして利用できるワンタッチリモートが可能になる。これにより、従来複数のステップが必要だったカメラからスマートフォンへの画像転送をワンタッチ転送へと簡略化した。

 NEX-5R同様に、AFは位相差とコントラストの2つのAFを併用したハイブリッドAFを採用。高速でのピント合わせを実現するほか、毎秒10コマの高速連写など動いている被写体にもきちんとAFが追随し、最高の瞬間を逃さず撮れる。

 「PlayMemories Camera Apps」にも対応し、アプリをダウンロードすることで、機能やエフェクトを追加することも可能だ。

-PR-企画特集