logo

ソニー、ネットもスマホも連携できる24V型「BRAVIA」--同梱金具で壁掛け設置も

加納恵 (編集部)2013年08月22日 16時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは8月22日、液晶テレビ「BRAVIA」シリーズに、24V型のスタンダードモデル「KDL-24W600A」を追加した。BRAVIA上位機にも採用されている超解像エンジン「X-Reality PRO」を内蔵する。発売は9月14日。店頭想定価格は5万円前後になる。

 W600Aシリーズは、一人暮らしの自宅にも置きやすい省スペース性に、USB HDD録画、Wi-Fi、MHL対応など最新の機能を盛りんだモデル。現在32V型の「KDL-32W600A」が発売されている。より小型モデルになる24W600Aは、一人暮らしのユーザーや寝室などのセカンド需要を意識。ブラックのみだったボディカラーに、ナチュラルホワイトを加えることで、女性ユーザーへもアピールする。

 本体には超解像エンジンX-Reality PROを内蔵し、地上デジタル放送、BD、ゲーム、ネット動画など、あらゆるソースのディテールを復元。オリジナルに近い映像信号を生成することで、高画質を再現するとしている。

 地上、BS、110度CSデジタルチューナを2基搭載し、裏番組録画にも対応。インターネットに接続すれば「Sony Entertainment Network(SEN)」を通じて、動画や音楽、ショッピングなどのネットサービスを利用可能だ。

 テーブルトップスタンドのほか、壁掛け用の金具も同梱する。サイズは高さ36.0mm×幅54.5m×奥行き14.4mmで、重量約4.0kg(スタンド含まず)。画面解像度は1366×768ピクセルになる。

  • 「KDL-24W600A」ブラック

  • 壁掛け用の金具が同梱される。カラーはナチュラルホワイト

  • サイドにHDMI入力2系統を装備。うち1系統はMHL端子兼用

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集