LINE、「3C」戦略でECと音楽事業に参入--ビデオ通話も提供

藤井涼 (編集部)2013年08月21日 18時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは8月21日、イベント「Hello, Friends in Tokyo 2013」を開催し、秋以降に提供する予定の新機能や新サービスを披露した。

  • LINE執行役員の舛田淳氏

 イベントで登壇したLINE執行役員の舛田淳氏がかかげた新サービスのキーワードは3つの“C”だ。まず、1つ目がCommunication(コミュニケーション)。LINEアプリに、スマートフォンやPC間で利用できる無料の「ビデオ通話」機能を秋にも全世界で提供する。Wi-Fiのみならず、3G/LTE環境でも使えるようにするという。

 2つ目は Contents(コンテンツ)。LINEでつながっている友人と購入した楽曲を共有できる音楽配信サービス「LINE MUSIC」を2013年内に提供する。連携アプリではなく、LINEアプリ本体に搭載するという。まずは日本から開始し、その後世界にも広げていきたいとしている。

 そして3つ目が、Commerce(コマース)だ。スマートフォン向けのECサービス「LINE MALL」を、秋から日本で提供する。企業や個人を問わず、誰でも売り手と買い手になれるサービスになるという。

 舛田氏は、LINEにとって音楽事業やEC事業への参入はハードルが高いとしながらも「ユーザーにとって価値のあるサービスには積極的にチャレンジしていきたい」と意気込む。また、気になる各サービスの詳細については「リリース日まで楽しみにお待ちいただきたい」とした。

  • ビデオ通話サービスに対応へ

  • 音楽配信サービス「LINE MUSIC」

  • スマートフォン向けのECサービス「LINE MALL」

 さらに、PCやスマートフォンのブラウザ上から、LINEの有料スタンプやLINE GAMEの課金アイテムを購入できる「LINE Web Store」も、9月から日本と台湾でオープンする。これまでのApp StoreとGoogle Playによるアプリ内決済に加えて、クレジットカード、PayPal、キャリア決済、電子マネーなどで決済できる。

 また、LINE Web Storeで使えるプリペイトカードを全国のコンビニエンスストアで販売する。発売時期は、セブン-イレブンが9月30日、ファミリーマートが10月1日、ローソンが10月15日。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加