MHL 3.0規格が発表--4Kフォーマットサポートへ

加納恵 (編集部)2013年08月21日 11時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MHLコンソーシアムは、米国においてMHL 3.0の規格を発表した。4Kフォーマットをサポートするほか、4Kビデオ伝送と同時にマスストレージ機器との高速データ転送などが可能になるという。

 MHLは、スマートフォンをテレビなどに接続し、伝送するインターフェース規格。スマートフォン内の画像や映像コンテンツをテレビ映し出せるほか、制御データも転送する。

 新規格では、2160p30の4Kフォーマットをサポートしたほか、オーディオ、ビデオ伝送と同時に使用できるハイスピードデータチャネル、タッチスクリーン、キーボード、マウスなどの周辺機器をサポートするリモート・コントロールプロトコルの改善、10Wまでの充電能力、MHL 1/2との後方互換性の実現、Dolby TrueHDとDTS-HDによる7.1chサラウンドサウンド対応などが盛り込まれている。

 MHL 3.0規格は9月上旬にMHLコンソーシアムのウェブサイト上からダウンロードできるようになるとのことだ。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加