[ウェブサービスレビュー]届いたメールを指定時間後に再度送り直してくれる「Hit Me Later」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HitMeLater
内容:「Hit Me Later」は、届いたメールを指定時間後に再度送り直してくれるメールサービスだ。仕事中にプライベートなメールが届いた際、送り直す時間を指定していったん受信トレイから削除し、目の前の作業に集中するといった使い方ができる。
  • 「Hit Me Later」トップページ。表記は英語だがメールを転送するだけなので使い方を覚えてしまえばとくに難しくはない。なお無料のBasicプランでは24時間以内の再送のみサポートしており、有料プランでは最大で1年までの再送をサポートする

 「Hit Me Later」は、届いたメールを指定時間後に再度送り直してくれるメールサービスだ。仕事中にプライベートなメールが届いた際、送り直す時間を指定していったん受信トレイから削除し、目の前の作業に集中するといった使い方ができる。

 本サービスはとくにウェブ画面から設定を行う必要はなく、指定のアドレス宛にメールを転送することで、あとから送信元に送り返されてくる仕組みになっている。何時間後に再送信するかは、メールアドレスの@の手前に書かれている数字によって判定する仕組みで、例えば届いたメールを5時間後にもう一度送り直してほしければ「5@hitmelater.com」宛に、10時間後に送り直してほしければ「10@hitmelater.com」宛に、そのメールをまるまる転送する。分単位で時間を指定する際は、@の手前に「5minutes」または「5m」といった具合に単位込みで指定する。

 指定時間が経つと、転送したメールがそのまま送り返されてくる。送信者名は「HitMeLater」となり、末尾には本サービスを利用して送られたことを示す署名が付与されるが、それ以外は元のメールのままなので、あとは必要に応じて処理すればよい。ただし今回試した限りでは添付ファイルは削除されるようなので、添付ファイルだけはオリジナルのメールを参照するなど、一工夫が必要になりそうだ。

 ふだんから受信トレイに処理が必要なメールだけを残している人にはあまり使い道はなさそうだが、着信時にしか受信トレイを見ず、届いたまま処理を忘れてしまうことが多い人にとっては、リマインダの役割を果たしてくれる便利なサービスといえる。もともとは夜中に届いたメールの処理を翌日忘れないようにするため開発されたサービスとのことで、冒頭に述べたビジネス用途以外にも、アイデア次第でさまざまな使い方ができそうだ。

  • 再送までの時間をメールアドレスの@の手前に書いて送信することで、指定時間にメールが送り返されてくる。これは5分後の再送を指定しているところで、宛先は「5minutes@hitmelater.com」となっている

  • 送り返されてきたメール。送信者名は「HitMeLater」に書き換わっている。また本文末尾には本サービスを利用して送られたことを示す署名が付与される

  • 送信先メールのフォーマットは、利用頻度の高い「hour」のみ単位を省略可能で、それ以外は「5minutes@hitmelater.com」といった具合に数字+単位を@の手前に記述する。Days以上は有料版のみ利用できる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加