Ubuntu搭載、太陽光で動く低価格PC「Sol」--アフリカなど新興国向けに

坂本純子 (編集部)2013年08月15日 14時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カナダ・オンタリオ州の企業、WeWi Telecommunicationsは、太陽光で動くノートPC「Sol」を開発したと発表した。安定した電力を利用できないことが多いアフリカの市場を主な対象として開発されたもの。

「Sol」
「Sol」
提供:WeWi Telecommunications Inc.

 SolはPCの筐体にパネル4枚の太陽充電器を内蔵。バッテリは2時間ほどで充電され、約8~10時間持続するという。また、太陽光に晒されるとバッテリを使用せず、直接ソーラーパネルで稼働する。

 OSはUbuntuで、13.3インチ(1366×768)のディスプレイを搭載する。CPUはインテルのAtom D2500 1.86 GHz Duo Coreで、320GバイトのHDD、2~4Gバイトのメモリを搭載するほか、無料のオフィス用パッケージ、会計ソフトウェアが付属するという。重さは約2.28kg。詳細はウェブサイトに記載されている。

 販売価格は250~300カナダドル(約2万4000円~2万8800円)の予定で、まずはガーナの顧客に向けに販売する。ガーナではすでに同社による営業活動が行われているという。

 今後、同社はアフリカ市場向けに衛星接続機能の付いた第2弾を製造する予定。また、欧米の市場向けにはさらに高性能で高価なノートPCを製造し、軍用機器の購入者から旅行者まで幅広い層に対してSolを販売するとしている。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加