MS、「Windows 8」に適した斬新なキーボードとマウスを発表

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2013年08月14日 10時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftではタッチが大流行だが、だからといって、同社がキーボードやマウスの開発をやめたわけではない。

 Microsoftは2012年、「Windows 8」向けにカスタマイズされた新しいキーボードとマウスを発表したが、今回、Windows 8に適した新モデルを再び発売しようとしている。


 新しい「Sculpt Ergonomic Keyboard」は、とても斬新な外観となっている。筆者はこの数日間、Microsoftからこのキーボードを1台貸してもらって文字入力を行っているが、使い心地はかなり快適だと感じている。このキーボードはドーム形で中央が盛り上がっており、端に近づくにつれて低くなる。「6」のキーが不慣れな場所に配置されており、少し厄介である。バックスペースキーも同様だ。しかし、スペースバーキーの1つをバックスペースボタンに変更できるオプションが用意されており、それを利用すれば使い勝手を若干改善することができる。

 キーボードには、Windows 8のチャームと同じ機能を備えたさまざまな「Charm」キーが配列されている(最上段)。「Surface」キーボードのように磁気で「カチッと固定」することが可能な、キーボードの高さ調節器もオプションで用意される。さらに、数字を入力することが多いユーザーのために、テンキーパッドも別売りされる。


 筆者は「Sculpt Ergonomic Mouse」を大いに気に入っている。Sculpt Ergonomic Mouseは半分マウスで、半分トラックボールだ。サイズはかなり大きめだが、使い勝手は本当に快適だ。サムレスト(親指を置く場所)が設けられているほか、Windows 8ユーザー向けに「Windows」キーが真ん中に配置されており、ユーザーはこのキーを使ってWindows 8の「Start」画面に戻ることができる。

 1個のUSBドングルで、マウスとキーボードの両方をPCやデバイスに接続することが可能だ。

 これらの新たな周辺機器は「Windows 7」とWindows 8、および「Windows RT」をサポートするが、Windows RTで使用する場合は「基本的な機能」しか利用できない。

 新しい「Sculpt Ergonomic Desktop」(キーボードとマウスが含まれる)は2013年8月、推定小売価格129.95ドルで発売される予定だ(米国時間8月15日頃にMicrosoftのオンラインストアで発売されるはずだ)。キーボードは9月に単体で発売される予定で、推定小売価格は80.95ドルだ。マウスは8月に単体で発売される予定で、推定小売価格は59.95ドルだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加