エプソン、カラーも明るく表示するビジネス向け液晶プロジェクタ

加納恵 (編集部)2013年08月07日 16時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「EB-X24」

 エプソンは8月7日、ビジネスプロジェクタの新製品としてローエンドモデル5機種「EB-X24/W18/X18/S18」「EH-TW410」を発表した。独自の3LCD方式を採用し、2800~3200ルーメンの明るさを実現する。発売は8月29日。

 全機種でA4サイズ、重量約2.4kgの軽量コンパクトを実現。オプションの無線LANユニット「ELPAP07」(価格:1万円)を装着すれば、PCやスマートフォンからワイヤレス接続に対応する。専用アプリ「Epson iProjection」と組み合わせれば、スマートフォンやタブレット内のファイルや写真をワイヤレスで投写することが可能だ。

  • 「EB-W18」

 本体には歪みを自動的に検知する「タテ自動台形歪み補正機能」とレバーをスライドするだけで歪みを補正できる「スライド式ヨコ台形補正機能」を備えた「ピタッと補正」を搭載し、すばやいセッティングをサポートする。

 すべてのモデルで、1万対1以上のコントラスト比を実現したほか、2800~3200ルーメンの明るさを確保。解像度はW18とTW410がWXGA、X24とX18がXGA、S18がSVGAとなる。

 いずれの機種も会議やプレゼンテーション時に最適なビジネス向けモデルだが、TW410のみホームユースも想定したマルチモデルとして訴求。ダイナミック、リビング、シネマ、ゲームと4つのカラーモードも設け、コンテンツや部屋の環境に合わせて、モード調整ができる。ボディカラーもTW410のみブラックを採用する。

  • 「EH-TW410」

  • EB-X24(店頭想定価格:9万円台後半)
  • EB-W18(店頭想定価格:8万円台後半)
  • EB-X18(店頭想定価格:7万円台後半)
  • EB-S18(店頭想定価格:4万円台後半)
  • EH-TW410(店頭想定価格:5万円台後半)
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加