ソフトバンク、シニア向け端末「あんしんファミリーケータイ」--9月中旬以降に発売

松田真理 (マイカ)2013年08月05日 19時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクモバイルは8月5日、Huawei製のシニアユーザー向け携帯端末「あんしんファミリーケータイ 204HW」を9月中旬以降に発売すると発表した。

 204HWでは1つの画面にメニューを集約しており、フリック操作で別画面に移動することなく利用できる。また、機能は通話やメール、カメラなどに絞っており、アプリのダウンロードはできない。そのほか、音声を録音してメールで送るボイスメールや、ワンタッチで定型文を返信する機能などを備えた。約4.0インチのWVGA液晶や有効約500万画素のCMOSカメラも搭載している。

 本体サイズは約64mm×約125mm×約11mmで、重量は約150gとなる予定。カラーは白と黒の2色。専用料金プランとして、月額2079円の「あんしんファミリーケータイ専用プラン」も提供するという。


「あんしんファミリーケータイ 204HW」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加