logo

NAVER、不正アクセスの犯人を特定--個人情報の流出はなし

藤井涼 (編集部)2013年08月02日 18時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは8月2日、NAVERアカウントに不正アクセスした人物を特定したと発表した。犯人は日本国外の人物で、現地警察と連携して特定したという。犯人の詳細については「警察の管轄なのでお答えできない」(LINE)としている。

 同社によると、犯人の自供および現地警察とLINEの技術スタッフによる検証の結果、流出したNAVERアカウント情報は同社スタッフ立会いのもとで削除されたという。また、不正アクセスされた会員情報の不正使用や第3者への提供などの痕跡は一切ないことを確認したという。

 LINEは7月19日に、外部からの不正アクセスによって、同社の運営する複数のNAVERサービス(NAVERまとめ、Nドライブ、NAVER Photo Album、pick、cafe)の会員情報169万2496件が流出した可能性があると発表した。具体的にはメールアドレスやハッシュ化されたパスワード、アカウント名(ニックネーム)などだ。

 その後、不正ログインなど顧客への二次被害を防ぐため、対象サービスをメンテナンスモードに切り替え、全アカウントのログインを遮断、一部サービスを停止した。また、新しいパスワードの設定機能を設置して顧客にパスワードの再設定を求めた後、サービスを再開していた。

-PR-企画特集