ノキア、「Lumia」で探し物を見つけるアクセサリを発表か

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)2013年07月30日 12時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 うわさされるNokiaの新技術をスマートフォン「Lumia」で利用すれば、ユーザーは自分の車や鍵などの見当たらないものを発見しやすくなるだろう。

 Nokiaは今後数週間のうちに近接センサ機器をLumiaラインアップ向けに発表する計画だと、同社の計画に詳しい情報筋の話としてThe Vergeが米国時間7月29日に報じている。

 「Treasure Tag」と呼ばれる同センサは、自動車、自転車、鍵、財布と、さまざまなものに取り付け可能だ。センサを取り付けたものは、Bluetooth 4.0と近距離無線通信(NFC)を使ってスマートフォンから直接位置を特定できる。目当てのものに近づくと、センサが音を発して正確な場所を知らせる。

 常時電源をオンにして使用するTreasure Tagは、約6カ月間もつ電池を搭載するとThe Vergeは伝えている。Nokiaは今後数週間のうちにLumiaラインアップをBluetooth 4.0対応にアップデートし、アップデート後最初に提供するアクセサリの1つがTreasure Tagになるとみられる。

 Treasure Tagは、「iOS」搭載デバイス向けの近接センサ「Tile」に似た製品のようだ。価格18.95ドルで事前予約を受付中のTileはどんな品物にも取り付け可能な小型装置で、「iPhone」からTileアプリケーションを通じて場所を特定することができる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加