五・七・五の歌を詠んでくれるiOSアプリ「うた詠み575」が配信

佐藤和也 (編集部)2013年07月29日 11時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セガは、iOS向けアプリ「うた詠み575」の配信を開始した。価格は無料で一部有料アイテムを販売する。

 本アプリは、ヤマハの歌声合成技術「VOCALOID」(ボーカロイド)を活用し、五・七・五形式のコトバを入力するだけで歌になり、それをネットの向こうにいる誰かと共有することができるコトバコミュニケーションツール。作品を共有し評価しあったり、複数人で1つの歌作品をつくるなど、アプリを通じてコミュニケーションをとることができ、投稿動画配信サービス「ニコニコ動画」にアプリ上から作品を投稿することも可能。登場するキャラクターである正岡小豆や小林抹茶と好みのシチュエーションで写真を撮影する機能や、キャラクターが話かけてくるキャラクターイベントも用意されている。

 8月31日までの期間に本アプリをはじめると、歌を詠むときに必要なアイテム「白短冊」 4枚をセットでプレゼントするスタートアップキャンペーンも実施する。

 本アプリの配信を皮切りに、新規プロジェクト「project 575」も本格的に展開を開始。2014年発売予定のPS Vita用ゲームソフトや、楽曲、漫画、小説、アニメなど、さまざまなメディアで展開していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加