ソニー、有効2010万画素の新CMOS搭載で“立体感”を表現する「α58」

加納恵 (編集部)2013年07月25日 14時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「α58」

 ソニーは7月25日、Aマウントを採用したデジタル一眼レフカメラ「α58」を発表した。APS-CサイズのExmor APS HD CMOSを搭載し、暗所ノイズを抑え、精細感のある撮影画質を実現する。発売は8月9日。18~55mm、55~200mmのズームレンズを組み合わせたダブルズームレンズキット「SLT-A58Y」(店頭想定価格:8万5000円前後)と、18~135mmの高倍率ズームレンズを同梱した高倍率ズームレンズキット「SLT-A58M」(同:8万5000円前後)をラインアップする。

 CMOSセンサには、APSサイズで有効2010万画素の新開発「“Exmor” APS HD CMOSセンサー」を搭載。画像処理エンジン「BIONZ」と組み合わせ、高感度撮影をサポートする。

 AFは、「ロックオンAF」を加えた新機能へと進化。これは被写体のサイズを認識し、従来よりも追尾枠を大きくすることで、ピントが合う範囲を拡大させたもの。動く被写体撮影時でもジャストピントで捉えることができる。

 独自のオート撮影機能も、動きを加味したフレーミングができる新機能「オート追尾フレーミング」に加え、二人の構図でもきれいに切り出せる「オートポートレートフレーミング」、マクロ撮影時でも使える「オートマクロフレーミング」を用意。ピクチャーエフェクト15モード、クリエイティブスタイル6モードと合わせ、クリエイティブな作品作りを提案する。

 2.7インチの液晶モニタを備えたほか、エントリー機ながら有機ELを採用した高精細ファインダを採用。100%視野率を確保するとともに高解像、高コントラストを実現する。

  • 新開発「Exmor HD CMOSセンサー」を搭載

  • マルチインターフェースシューを採用

  • 2.7型液晶モニタはチルト可動に対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加