三菱電機、タニタ体組成計と連携で体重や体脂肪率が管理できる液晶テレビ

加納恵 (編集部)2013年07月24日 17時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「LCD-A39BHR4」。体重や体脂肪率などが表示できる

 三菱電機は、液晶テレビ「REAL BHR4」シリーズに、タニタの体組成計と連携機能を持たせた、39V型の「LCD-A39BHR4」(店頭想定価格:18万円前後)と29V型の「LCD-A29BHR4」(店頭想定価格:14万円前後)を発表した。Bluetoothで通信し、テレビに体重や体脂肪率などを記録できる。発売は8月下旬。

  • 4週間表示画面。体重や体脂肪の増減を確認できる

 BHR4シリーズは、地上、BS、110度CSチューナ3基と500Gバイトの内蔵HDD、BDレコーダーを一体化した録画対応テレビ。Bluetooth機能を備え、対応機器とのワイヤレス通信に対応する。

  • Bluetoothで測定データが送信できるタニタの「BC-505」

 Bluetooth機能を備えたタニタの体組成計「BC-505」(店頭想定価格:2万円前後)と組み合わせると、体重、体脂肪率、筋肉量、BMIなど8項目の計測データをワイヤレスでテレビに送信。テレビモニタで、計測データを確認できるほか、体重と体脂肪率は内蔵HDDへと保存できる。保存したデータは最大2年間蓄積でき、3カ月、4週間、最新などから表示形式を選択可能。ユーザーは4人まで登録できる。

  • NTT西日本の「光BOX+」と組み合わせとCDの歌詞表示などができる「FaRao LINK」アプリを内蔵

 体組成計BC-505では、Android OSを搭載したスマートフォン向けにも同様の測定データサービスを展開しているが、テレビ向けにサービスするのは今回が初。テレビの大画面で測定値を確認できるほか、家族で情報を共有するなど、楽しみながら健康管理できることを特徴としている。自分以外の人からデータを見られないようにするパスワード機能も設けている。データの転送範囲は5m程度。データのみを後からまとめて送信することも可能だ。

 BDレコーダー部では、BD、DVD、CDの再生ができ、NTT西日本のセットトップボックス「光BOX+」と組み合わせれば、CD再生時に歌詞やアーティスト関連情報を表示できる「FaRao LINK」アプリも搭載。これまでとは違った音楽再生が楽しめる。

 フルレンジユニットを2個搭載したスピーカ部は、小音量時でも音が聞こえやすい「音ハッキリ」機能を搭載。これは従来カットしていた抵高音の帯域を広げ、人の声も音楽も聞き取りやすくするというもの。小さなボリュームでもはっきり聞きやすい音を再生する。

 
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加