リアルカードをオンラインで遊ぶハイブリッドTCG「ファイブクロス」が今秋より展開

佐藤和也 (編集部)2013年07月23日 20時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブシロードは7月23日、「ブシロード大戦略発表会2013(夏)」を開催。そのなかで、オンラインで遊ぶハイブリッドTCGの新作「ファイブクロス」を今秋より展開することを発表した。

 ハイブリットTCGは、従来のトレーディングカードゲームと同様に、店舗で販売されるカードを使用し、記載されたQRコードなどからスマートフォンやPCに登録することにより、オンライン上でゲームを行うというゲーム形態。この仕組みそのものは、すでにプロレスを題材にした「キング オブ プロレスリング」で展開を行っている。

 「ファイブクロス」は、ハイブリットTCGにアニメやゲーム作品のキャラクターを用いたキャラクターカードゲーム。9種類のカードを並べるだけでプレイが可能。戦闘もオートとなっており、手軽に楽しむことができるのが特徴。9枚のレイアウトや配置が変動して移動することもあり、その状態によって発動する特殊能力を自分で仕掛けられるという戦略的要素もあるという。

  • ハイブリッドTCGの遊び方

  • ファイブクロスは9枚のデッキを組みカードを並べて遊ぶゲーム。戦闘はオートだが、戦略要素もあるのが特徴

  • キャラクターが活躍しているシーンを再現するかのような「リンク機能」も特徴としている

 時間や場所を問わずひとりで遊べることや、9種類のカードを並べるだけでゲームを始められることから「これからカードゲームをやってみたい、まわりに遊ぶ環境が無いというユーザー向け。また作品の関連グッズの一環としてTCGを購入しても対戦したことがないというユーザーにも遊んでほしい」(取締役事業開発部長の広瀬和彦氏)と述べつつも、カードゲームユーザーでも満足できるような遊びごたえも用意しているという。また、ソーシャルカードゲームで課金に抵抗があるユーザーに対しても、物品として手元に残る商品として提供できることのメリットも付け加えた。

 第1弾タイトルとして、テレビアニメ「ファンタジスタドール」と「IS<インフィニット・ストラトス>」のブースターパックを今秋に同日発売を予定。それに先立ち、9月上旬よりオープンベータサービスを開始予定としている。また、アニメ企画として進行している「熱風海陸ブシロード」も参戦。それ以降の参戦タイトルは、9月19日からの東京ゲームショウ2013の自社ブースにて発表するとしている。

  • 「コードギアス」などの谷口悟朗氏がクリエイティブプロデューサーを務める「ファンタジスタドール」

  • 2011年にテレビアニメが放送され、2013年にも新作を予定している「IS<インフィニット・ストラトス>」

  • 発表会には、「ファンタジスタドール」から、鵜野うずめ役の大橋彩香さんが登場

  • ファイブクロスのプロデューサーである広瀬和彦氏(左)が、開発中のカードデザインサンプルを公開

  • カードの裏面にキャラクターの全身イラストや詳細データ、QRコードを記載している

  • アニメ企画の再始動を発表した「熱風海陸ブシロード」もファイブクロスに参戦。代表取締役社長の木谷高明氏も登場した

 発表会ではこのほか、同社のTCGタイトルや今後の展開について発表。ChaosTCGではテレビアニメ「ダンガンロンパ」や「ぷちます!-プチ・アイドルマスター-」、ヴィクトリースパークでは「劇場版 あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」、ヴァイスシュヴァルツでは「偽物語」や「戦姫絶唱シンフォギアG」などが参戦するほか、モンスター・コレクションTCGでは「伝説のトライアルデック『ホーリィの手記』や「伝説のブースターパック」を発売予定。またオリジナルコンテンツの漫画作品などを集めた新雑誌「月刊ブシロード」」を9月6日より創刊するとしている。

  • 新日本プロレスから小島聡選手と天山広吉選手が登場。キング オブ プロレスリングのガイドブックや限定カードを同梱した「デビュー戦セット」を告知

  • プロレスイベント「G1 CLIMAX」各会場にて、デビュー戦セットの先行販売やデビュー戦写真展を開催する

  • 放送中のアニメ「ふたりはミルキィホームズ」から、主要キャスト陣である声優ユニット「ミルキィホームズ シスターズ」も登場

  • 雑誌「月刊ブシロード」では、「カードファイト!! ヴァンガード」などのコミックスを中心にした雑誌。KADOKAWAより発売する

  • ミルキィホームズの徳井青空さんによる4コママンガも掲載される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加