logo

ニフティに不正ログイン--2万1184IDの会員情報を閲覧

藤井涼 (編集部)2013年07月18日 12時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニフティは7月17日、特定のIPアドレスからの不正なログインにより、@nifty会員向けの「お客様情報一覧」ページで会員情報が閲覧された可能性があることを発表した。7月14~16日にかけて不正ログインされた可能性があり、2万1184IDが対象となる。現在は該当のIPアドレスからのアクセスを遮断しているとのこと。

 同社によれば、IDとパスワードの漏えいは確認されておらず、今回の不正ログインには、何らかの手段で入手されたIDとパスワードが用いられたと説明。また現時点では、会員情報の改ざんや有料サービスにおける不正利用は確認されていないという。

 閲覧された可能性があるのは、契約コースによって異なるが「氏名」「住所」「電話番号」「生年月日」「性別」「秘密の質問と回答」「ご契約状況」「ご利用料金」「メールアドレス」などの情報。「クレジットカード情報」については、情報の一部を保護(マスキング)した状態で表示しているため、決済手段としては利用できないとしている。

 同社では7月18日以降、該当の顧客(2万1184ID)にメールで連絡し、パスワードの再設定を案内するとしている。また、顧客のIDが不正ログインの対象かどうかを確認するツールを会員サポートページで準備ができ次第公開する予定。

-PR-企画特集