logo

ソフトバンク、1.7GHz帯に対応したWi-Fiルータを8月上旬に発売

松田真理 (マイカ)2013年07月17日 17時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクモバイルは7月17日、ZTE製モバイルWi-Fiルータ「Pocket WiFi SoftBank 203Z」を8月上旬以降に発売すると発表した。7月19日から事前予約を受け付ける。

  • 「Pocket WiFi SoftBank 203Z」

 Pocket WiFi SoftBank 203Zは、下り最大110Mbpsの「SoftBank 4G」に加えて、イー・モバイルの1.7GHz帯も利用できるモバイルWi-Fiルータ。1.4インチカラー液晶を搭載したほか、約5000mAhの大容量バッテリーを備え、スマートフォンなどを充電することも可能だ。サイズは幅約110.2mm×高さ約67.7mm×厚さ約18.7mmで、重量は約168g。

 ソフトバンクでは、Pocket WiFi SoftBank 203Zの発売に合わせて、イー・モバイルの1.7GHz帯に対応したモバイルWi-Fiルータ向け料金プラン「4Gデータし放題フラット+(プラス)」を月額5985円で提供する。

 4Gデータし放題フラット+が月額3880円で利用できる「4Gデータし放題フラット+ 特別キャンペーン」や、機種変更する顧客を対象に、分割支払金の残りと同等の金額を毎月割り引く「4Gデータし放題フラット+ 機種変更キャンペーン」も実施するとのことだ。

-PR-企画特集