廉価版「iPhone」?--うわさを元にした予想画像を米情報サイトが公開

Rich Trenholm (CNET UK) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2013年07月06日 13時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが「iPhone 5S」と一緒に廉価版「iPhone」を公開するとのうわさが過熱する中、新たに公開されたレンダリング画像では、このうわさの端末が美しく鮮やかな色で表現されている。

 これらの画像はMacRumorsCiccareseDesignがこれまでのリークやうわさに基づいてまとめたもので、筺体はカラーバリエーションがあるほか、端末の画面には「iOS 7」が表示されている。

 Appleは、2013年中に1種類ではなく2種類のiPhoneを公開する準備を進めていると報じられている。フルスペックの「iPhone 5」後継機はiPhone 5Sという名称になると予想されており、さらには初めて廉価版モデルも投入すると見られている。

 うわさによると、廉価版モデルは「iPhone Light」という名称になる可能性があるという。価格を抑えたこのiPhoneは低スペックというだけでなく、筺体はプラスチック製で、多色展開されると見られている。先ごろ流出した写真には、筐体がイエロー、レッド、グリーンの廉価版iPhoneの可能性がある端末が写っていた。

 iPhone Lightは厚さ8.5mmで、現行モデルおよび予想されるiPhone 5Sよりわずかに厚くなると見られている。また、この新しいiPhoneは初めてiOS 7を搭載する予定だ。iOS 7はAppleの最新版モバイルOSで、iPhone誕生以降、iOSとして最も劇的に外観が変化している。

 次世代のiPhoneは2013年中に発売されると見られている。

提供:MacRumours
提供:MacRumours

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加