米ヤフー、「スマートアドレスブック」を提供するXobniを買収

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2013年07月04日 11時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Yahooが新興企業Xobniを買収した。Xobniは自社製品を「スマートアドレスブック」だと表現している。

 Xobni(「inbox」の綴りを逆にしたもの)は「Microsoft Outlook」や「Gmail」などの製品向けに、基本的にユーザーが(電子メールやテキストメッセージ、電話を通じて)連絡を取った可能性のあるすべての人間をアグリゲートし、そのデータを統合および整理して、より包括的な連絡先ファイルの提供を試みるプラットフォームを開発した。それらのファイルには、FacebookやTwitterに投稿された近況アップデートも追加された。


 Xobniはまた、チームやエンタープライズ向けのサブスクリプションオプションも提供した。これは、IT部門によるサポートをほぼ、あるいは全く要さずに電子メールや連絡先、フォルダを自動的に管理できるというもの。

 Xobniチームは米国時間7月3日のブログ投稿でYahooによる買収を明らかにし、YahooがXobniのビジョンを理解しており「受信トレイやスマートフォン」以外の恩恵も得られるとしている。

 サンフランシスコに拠点を置くXobniは、Yahooの本社があるシリコンバレーのサニーベールに事業拠点を移す予定だ。

 一部の現行ユーザー(既存のビジネスサブスクライバーを含む)はすぐには(あるいは今から1年後も)買収の影響を受けないが、いくつかの変更は即座に実施される。

 Xobniは、既存の顧客と将来的に利用を検討しているユーザー向けに包括的なFAQページを掲載し、どの製品と機能が3日以降も利用可能なのかを説明している。

 最も顕著な違いは、Xobniが今後、有料製品の新規購入を受け付けないことだ。さらに、「Smartr Contacts for Android」と「Xobni for BlackBerry」のダウンロード提供も終了した。このことは、それらのサービスがYahooの開発している別のサービスに吸収される可能性が高いことを示している。

 買収の金銭面での条件は明らかにされていないが、AllThingsDの報道によると、YahooはXobniの買収に約3000万~4000万ドルを投じる予定だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加