logo

“簡単”で“安全”な写真管理端末「JewelryBox」--トレンドマイクロ

藤井涼 (編集部)2013年07月03日 18時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トレンドマイクロは7月3日、デジタルカメラやスマートフォンで撮影した写真を取り込み、マルチデバイスで閲覧できる写真管理端末「JewelryBox(ジュエリーボックス)」を7月19日に発売すると発表した。価格は1万6800円で店頭や、トレンドマイクロ・オンラインショップで販売する。

  • 「JewelryBox(ジュエリーボックス)」

 JewelryBoxは、デジタルカメラやスマートフォンで撮影した写真や動画を端末とクラウド上に自動で取り込み、それらをTVやPC、スマートフォン、タブレットなどマルチデバイスで閲覧できる写真管理ツール。世代やITの知識に関係なく誰でも簡単、安全に使えることをコンセプトにしている。

 写真や動画の取り込み方法は、デジカメでは本体をUSBケーブルでJewelryBoxに接続するか、SDカードを直接挿し込む。これだけで自動的に写真を取り込める。また、取り込んだ写真はデジカメ/SDカードから自動的に削除することも可能で、すぐに新しい写真を撮影できる。

  • 取り込んだ写真は複数の端末から閲覧できる

 スマートフォンやタブレットで撮影した写真や動画はネットワーク経由で取り込む。自宅の場合は端末が無線LANに接続されたタイミングで取り込む。また、外出先では3G/LTEネットワークを使って取り込むことも可能だ。なお、これらの機能を利用するには事前に専用のアプリをインストールする必要がある。

 取り込んだ写真や動画は、自動的にJewelryBox本体とクラウドに2重で保存され、PCやスマートフォン、タブレットで専用アプリを起動するだけでいつでも閲覧できる。また、テレビにJewelryBox本体をHDMIケーブルでつないで大画面で楽しむこともできる。容量は本体、クラウドともに16Gバイト。なお、データ容量が大きい写真は自動で1920×1080の解像度にリサイズされる。写真は約4万枚保存できるという。

“簡単さ”と“安全性”を追求

 同日の記者発表会で登壇したトレンドマイクロ取締役副社長 日本地域担当 グローバルコンシューマビジネス担当の大三川彰彦氏は、コンシューマユーザーの半数以上(50.1%)が過去にPC内のデータを失った経験があり、最も多く保存しているデータは写真(67.7%)だとする同社の調査結果を紹介。

 また、データを失った経験があるユーザーのうち32.4%がデータをバックアップしていなかったと回答している。その多くがバックアップの重要さには気づいていながらも、写真管理は「面倒くさい」「難しい」という印象や自身の経験から足踏みしていたと説明する。

  • トレンドマイクロ取締役副社長の大三川彰彦氏

  • 「JewelryBox」のポイント

  • トレンドマイクロがユーザーに提供する価値

 こうした背景から、JewelryBoxでは徹底的に簡単さにこだわったと、トレンドマイクロ執行役員の吉田健史氏は語る。また、長年にわたりアンチウイルスソフト「ウイルスバスター」を提供してきた知見を生かし、安全性も担保したと自信を見せた。「我々は単にアンチウイルスを提供するベンダーではなく、ユーザーに対して快適なデジタルライフを提供するベンダーになっていきたい」(吉田氏)。同社では2014年6月末までに1万8000台を販売したいとしている。

-PR-企画特集