logo

アップルの「少数精鋭」とサムスンの「多種多様」--モバイル2強の対照的な製品戦略 - (page 2)

Dan Farber (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年07月04日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは新しいiPhoneを発表しなかったにもかかわらず、米国では2013年春を通してスマートフォンの王者の座を守ったが、サムスンはGALAXY S4を発表した5月にシェアを拡大している。しかし、世界シェアではサムスンがAppleを上回っている。

サムスン
サムスン
提供:KPCB/IDC/Morgan Stanley

 利益面では、Appleの「雪片」がサムスンの「雪崩」よりも優位に立っている。Strategy Analyticsによると、サムスンの2013年第1四半期の利益は51億ドルで、世界市場における「Android」スマートフォンの利益の95%を獲得したという。これは世界市場における同期のスマートフォン営業利益の40.8%に相当する。Strategy Analyticsの計算では、Appleは2013年第1四半期、世界市場の利益の57%を獲得した。さらに、iPadの販売台数はサムスンやほかの企業のAndroidタブレットのそれを大きく上回っており、Appleの世界モバイルデバイス市場における利益シェアに貢献している。

Androidデバイスの成長を受けて、Appleのタブレットシェアは縮小しているが、市場の拡大に伴って販売台数は増加している。
Androidデバイスの成長を受けて、Appleのタブレットシェアは縮小しているが、市場の拡大に伴って販売台数は増加している。
提供:IDC

 インターネット接続とモバイルデバイスの普及が進むにつれて、Appleの市場シェアは今後も縮小していくだろう。しかし、最高経営責任者(CEO)のTim Cook氏は、Appleが最も多い製品ではなく、最も優れた製品を作っている限り、万事うまく行くと考えている

 「われわれは製品に注力し、最高の製品を作らなければならない。それをうまくやり遂げて、人々の生活を豊かにする偉大な製品を作れば、ほかのことは自然についてくるだろう」(Cook氏)

 新しいiOS 7と回を重ねるごとに性能が向上するiPhoneを発表するだけで、Appleのプレミアブランドという地位が維持され、顧客ベースも拡大するとCook氏は予想している。一方、サムスンは多数の新製品とマーケティングキャンペーンで、断片化したAndroid陣営を今後もリードしていくだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]