logo

富士フイルム、軽量コンパクトなミラーレス一眼「FUJIFILM X-M1」

エースラッシュ2013年06月25日 19時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士フイルムは6月25日、手軽に持ち歩けるレンズ交換式デジタルカメラ「FUJIFILM X-M1」を7月27日から順次発売すると発表した。

 FUJIFILM X-M1は、有効画素数1630万画素のAPS-Cサイズ「X-Trans CMOS」センサを搭載。独自のカラーフィルタ配列により、光学ローパスフィルタなしでもモアレや偽色の発生を抑え、解像感のある撮影画質を実現する。本体サイズが高さ66.5mm×幅116.9mm×奥行き39.0mmで重量が約330g(バッテリとメモリーカードを含む)という軽量コンパクト設計ながら、フルサイズセンサ搭載機に匹敵する撮影性能を備える。

  • 「FUJIFILM X-M1」。写真上からブラウン、ブラック、シルバー

 さまざまな撮影モードを素早く設定できる「モードダイヤル」に加え、2つのコマンドダイヤルを備え、親指1本で素早く絞り、シャッタースピード、露出補正などの調整が可能。扱いやすいモデルとなっている。

 液晶には、角度を上下に調節できる3.0型のチルト式液晶モニタを搭載。シーンに応じて光量を自動制御する「スーパーiフラッシュ」も内蔵する。本体はWi-Fi通信対応で、撮影した写真をタイムリーにスマートフォンやPCへ送信することも可能。無料の専用アプリ「FUJIFILM Camera Application」も用意する。

 本体カラーはブラック、シルバー、ブラウンの3色をラインアップ。ボディ単体の予想実売価格は7万5000円前後で、9月の発売を予定している。

  • 「フジノンレンズ XF27mmF2.8」

 そのほかボディに16-50mmのレンズを加えたレンズキット「FUJIFILM X-M1/XC16-50mmF3.5-5.6」(予想実売価格:8万5000円前後)、レンズキットに27mmの単焦点レンズを追加したダブルレンズキット「FUJIFILM X-M1/XC16-50mmF3.5-5.6/XF27mmF2.8」(同:10万円前後)もラインアップされる。ボディカラーによって発売日が異なり、ブラックとシルバーは7月27日、ブラウンは9月発売となる。レンズキットに付属される、XC16-50mmF3.5-5.6レンズは単品販売もされ、予想実売価格は4万円前後で、9月に発売される予定だ。

 さらに「Xマウント」の交換レンズラインアップとして、オールガラス製の薄型単焦点レンズ「フジノンレンズ XF27mmF2.8」も発売となる。こちらの予想実売価格は4万5000円前後。発売日はブラックが7月27日、シルバーが9月を予定している。

-PR-企画特集