logo

写真で見る電子コミック制作の現場--独自の臨場感を表現

Seth Rosenblatt (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年06月22日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 DC Entertainmentは自社のコミックブックを、「comiXology」(「Android」と「iOS」対応のアプリで、ウェブ版もある)、Appleの「iBooks」、Amazonの「Kindle」ブックストア、そしてBarnes & Noblesの「Nook」という4つのデジタルプラットフォームで発行している。コミックではないが、「Mad Magazine」もカリフォルニア州バーバンクにいる同社の制作チームが電子化を担当している。

 それぞれのプラットフォームには独自のフォーマットと制約がある。DCでは、新刊コミックに加えて、既刊コミックを電子化する作業を常に行っている。DCは同社のクロスプラットフォームのオンラインカタログに、毎週75件から100件の電子書籍を追加している。
Scroll Right Scroll Left

 DC Entertainmentは自社のコミックブックを、「comiXology」(「Android」と「iOS」対応のアプリで、ウェブ版もある)、Appleの「iBooks」、Amazonの「Kindle」ブックストア、そしてBarnes & Noblesの「Nook」という4つのデジタルプラットフォームで発行している。コミックではないが、「Mad Magazine」もカリフォルニア州バーバンクにいる同社の制作チームが電子化を担当している。

 それぞれのプラットフォームには独自のフォーマットと制約がある。DCでは、新刊コミックに加えて、既刊コミックを電子化する作業を常に行っている。DCは同社のクロスプラットフォームのオンラインカタログに、毎週75件から100件の電子書籍を追加している。

提供: Seth Rosenblatt/CNET

-PR-企画特集