logo

アドビ、「Creative Cloud」へのメジャーアップデートの提供を開始

Lori Grunin  (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年06月19日 12時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobeが「永続ライセンス」版の「Creative Suite」アプリケーションすべてをサブスクリプションプランのみに移行するという意見の分かれる決定を発表してから数週間が経過した。その間、およそ3万2000人がこの動きに反対する嘆願書に署名し、米CNETがJeffriesと共同で実施した調査では、「Creative Suiteユーザーは、Adobeのサブスクリプションを嫌っている」という結果が出ていた。しかし、Adobeは米国時間6月17日夜、「Creative Cloud」へのメジャーアップデートの提供を開始した

 同プランを既に購入している、もしくは、購入することを選択する場合、興味深い多くのアプリケーションアップデートやクラウド経由での設定の同期が利用できるようになるとともに、プランによってはAdobeアプリケーションすべてへのアクセスが可能となる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

-PR-企画特集