アドビ、第2四半期決算を発表--アナリストらの予測を上回る利益

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年06月19日 16時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobe Systemsは米国時間6月18日、第2四半期決算(5月31日締め)を発表した。1株あたり利益はアナリストらの予測を3セント上回った。また、同社の「Creative Cloud」のサブスクリプション件数は22万1000件増加し、70万件となった。

 同社は、第2四半期について、諸費用を除く非GAAPベースの1株あたり純利益は36セントだったと報告した。これはThomson Reutersがまとめた、アナリストの平均予測額の33セントよりも若干上回る。GAAPベースだと、同社の1株あたり純利益は15セントだった。Adobeは、GAAPベースの純利益は7650万ドル、非GAAPベースの純利益は1億8290万ドルだったとしている。

 同社の売り上げは前年の11億2000万ドルから減少し、10億1000万ドルになったが、これはアナリストの予測やAdobeの見通しの範囲内だった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加