logo

木製無垢のコンパクトスピーカ--藍染とのコラボモデルも登場

加納恵 (編集部)2013年06月18日 19時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 木製家具などの製造、販売を手がける吉崎木製工業は、木製無垢のBluetoothスピーカ「SOUND FLY」(価格:1万8600円)と木工芸と藍染めを採用した「藍木(あいもく)」シリーズを発表した。楽天市場「Yoshimoku」で販売している。

  • 「SOUND FLY」

 SOUND FLYは、ブナまたはヒノキ材を用いたミニウッドスピーカ。直径28mmのフルレンジスピーカを内蔵する。Bluetoothを搭載し、対応するスマートフォンやデジタルオーディオプレーヤー、PCと組み合わせて、ワイヤレスで音楽を再生できる。

 本体には3.5mmのステレオミニ入力端子も備え、有線での接続にも対応。本体電源には充電池を採用し、最大10時間の連続使用が可能だ。

 サイズは高さ45mm×幅115mm×奥行き45mmで、重量約160g(ヒノキは135g)。ブナ材はドイツ森林認証材、ヒノキは徳島県産を使用している。

 藍木シリーズは、藍染とヒノキを組み合わせたミニウッドスピーカだ。本体には徳島県産のヒノキを使用し、木製ならではのあたたかな音を再現するとのこと。スピーカカバーとなる部分に藍染を採用している。

 スピーカは、長方形の「S-SP」「W-SP」と、セパレートタイプの「M-SP」の3タイプを用意。いずれも価格は7800円になる。藍染の柄はボーダー、水玉、木目、無地の4種類をラインアップ。すべての藍染は徳島県在住の藍染作家、原田史郎さんが手がけているという。

  • 「S-SP」

  • 「W-SP」

  • 「M-SP」

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集