logo

決済手数料ゼロのクレジット決済サービス「spike」

藤井涼 (編集部)2013年06月17日 16時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メタップスの子会社でシンガポールに拠点を置くMetapsは6月17日、決済手数料が一切かからないオンライン決済サービス「spike(スパイク)」のクローズドベータ版を公開した。当初は招待制で提供する。現在は国際特許の取得段階にあるため、一般公開は夏以降を予定しているという。

  • 「spike」のウェブサイト

 通常、ネット上でクレジットカードの決済ソリューションを導入すると、決済ごとに平均約3%の手数料と30円程度のトランザクションフィーがかかる。たとえば、「PayPal」は国内手数料が3.6%+40円となる。

 これがspikeでは、初期費用や月額費用に加えて、決済手数料やトランザクションフィーも無料で利用できる。気になるマネタイズの方法については「国際特許取得までは非公開」(同社)として明かしていない。

 決済システムの導入ハードルが低いのも特長だ。管理画面から作成できる個別の決済リンクを、自身のウェブサイトやアプリに設置するだけで利用できる。PCに加えて、スマートフォンやタブレットにも対応しているという。今後は、カスタマイズ可能なAPIも整備していくとしている。

-PR-企画特集